'; ?> オリックス銀行カードローンの最短即日審査とは?

オリックス銀行カードローンの最短即日審査とは最短即日融資ではない!

インターネットを利用して銀行業務を行っている銀行はネット銀行と呼ばれており、オリックス銀行以外にも楽天銀行やイオン銀行など様々な銀行が存在します。

 

こうしたネット銀行は、基本的に実店舗を持たないため、ネット上ですべての銀行業務を行うことになります。

 

オリックス銀行でも銀行業務をインターネットで行っていますが、カードローンの申し込みもオリックス銀行のホームページより進めることが可能です。

 

そんなオリックス銀行カードローンの特徴のひとつに「最短即日審査」というものがあります。

 

これは、その名の通りカードローンの

 

 

審査結果を最短で申し込んだその日のうちに受け取ることができる


というもので、オリックス銀行のカードローンが選ばれる理由のひとつとなっていますが、ここで注意したいのが、あくまでも「最短」でその日のうちに審査結果が出るという点です。

 

オリックス銀行では、インターネットでカードローンの申し込みを受け付けている関係から基本的に24時間体制で受け付けていることになります。

 

ライフスタイルというものは人によって異なりますので、カードローンの申し込みを行うのは何も日中だけとは限らず、夜であってもカードローンを申し込むことができます。

 

しかし、申し込み受付をしているとはいえあくまでも審査を行うのは人間です。

 

つまり、夜中に受け付けても審査を実行できるのは翌日の朝以降となりますので、申し込んだその日のうちに審査が行われるとは限らないわけです。

 

これが「最短即日審査」という表現をしている理由です。

 

もうひとつ注意したいのが、申し込んだその日のうちに審査結果を受け取ることができるということと

 

 

即日融資とは意味が別


ということです。審査結果はあくまでも「融資可能かどうかの判断」であり、その後融資を実行してもらうためには書類をやりとりする必要があります。どうしても実店舗がないために郵送でやりとりをすることになりますので、

 

 

オリックス銀行カードローンは即日融資のサービスはやっていない


という点については理解しておきましょう。

最短即日融資ならアコム・プロミス

アコム・プロミスのスピード融資が可能なのには理由があります。金利もオリックス銀行カードローンと遜色ありませんし、無利息サービスもあるのでアコム・プロミスを選ばない理由はないですね。

 

ただし、オリックス銀行おまとめローンではプロミス・アコムよりも人気はあるようです。

誰にでも貸す時代は終わった

数十年前は日本も高度成長期。その頃は結構審査も緩く、誰にでも貸す時代であったのは確か。しかし、誰に貸しても返済される時代だったのである。

 

しかし、バブルが弾けてバブル時代の遺産を抱えた企業・人達の返済が滞りだす。そこから負の連鎖が始りだすがそれは一部の企業・人だけであって、日本はまだまだ大丈夫な時代であった。ゆとり教育世代の人間が社会に出だした頃だろうか?日本がおかしくなってきたのは。

 

勤勉・勤労であった日本人がやれ休みをくれだの給料もっとくれだの働かせすぎだの言い出してからは企業の人件費を圧迫しだす。そこへインターネット時代の到来。コンピュータが自動でする部分が多くなり、雇用は少しずつ減っていく。

 

しかしそれに気付かず何の備えもしない若い者たち。そうンターネット時代がやってきた時に気付かなければいけなかったのだ。気付かない者達は、仕事のないのを景気や政府のせいにして生活保護で血税を蝕む者達。

 

さらにその生活保護を貰う人間をえさに血税を奪う者達。そういった経緯を知りながら社会主義国のように社会保障費の予算を増やす国会議員。

 

こんなひどい状況の日本でもオリックス銀行カードローンの審査のおりた方は立派です。ぜひ低金利で運用資金を活用してください。

 

参考:消費者金融一覧から即日融資可能なキャッシングを選ぶ

オリックス銀行カードローンの詳細

申込み条件

以下の条件を全て満たす方でないと申込が出来ません。

  • 申込み時の年齢が満20歳以上65歳以下の方
  • 前年度の給与収入(自営業の方は、申告所得金額)が200万円以上ある方
  • 日本国内にご在住しいている
  • 保証会社であるオリックス・クレジット株式会社の保証が受けられる

利用限度額

最高800万円

オリックス銀行カードローンの金利は年利3.0%〜17.8%

700万円超
800万円以下
600万円超
700万円以下
500万円超
600万円以下
400万円超
500万円以下
300万円超
400万円以下

年3.0%〜4.8%

年3.5%〜5.8%

年4.5%〜8.8%

200万円超

300万円以下

150万円超

200万円以下

100万円超

150万円以下

100万円 100万円未満

年6.0%〜12.8%

年9.0%〜14.8%

年12.0%〜17.8%

利息の計算方法

付利単位1円とし、1年を365日とする日割り計算とします。

オリックス銀行はもともと山一證券の信託子会社でしたが山一證券の破綻によりオリックスに譲渡されオリックス信託銀行となりました。2011年にオリックス信託銀行からオリックス銀行に変更され、低金利・最高融資額800万円のオリックス銀行カードローンが誕生したのです。

2017/02/11 14:54:11 |
新世代旅客機ボーイング787はANAが世界に先駆けて導入しました。ボーイング787はこれまでの旅客機とは異なり、新素材やコンピューターの技術をふんだんに活用し作られています。そのことで燃費を2割も削減することに成功しています。世界が注目しているボーイング787が1月14日午前9時34分に羽田空港から北京に向けて飛び立ちました。パイロットや整備士は横断幕を持ってボーイング787の出発を見送りました。燃費が2割も削減出来た日本の技術はとてもスゴイと思います。このボーイング787が主流になって、航空チケットも2割ほどこれまでより安くなってくれたら最高ですね。航空チケットが安くなって旅行がもっと気軽に行けるようになると嬉しいです。旅先でのキャッシングはコチラ⇒土日祝日の消費者金融の即日融資の審査は?
2015/08/12 21:58:12 |
大学生の頃は学校が終わってからと休みの日に兎に角アルバイトばかりしていました。その理由は我が家は3人とも私立の大学に進学したので家計が火の車だったので少しでも助けになればと思ったのと、自動車の免許が欲しかったのとあとは自分のお小遣いを稼ぐためです。ただし大学を留年とかしたらアルバイトに精をだした意味もなくなってしまうので、大学の授業とアルバイトを両立するのにそれ以外の部分を犠牲にし、サークルなどには入りませんでしたし、正直飲み会などにも参加せず、付き合いも悪かったですね。私が大学時代にしていたのはコンビニのアルバイトで平日は17時から22時の5時間休みの日は8時間入っていて収入は手取りで8万円くらいでした。その内5万は家に入れてあとは自分のお小遣いで、長期休暇に稼いだ分のお金で自動車教習所に通いました。カードローンを学生で利用している人もいると聞きますが余程急な資金が必要でない限り私には無縁でした。
2014/11/23 02:06:23 |
楽天銀行はネット専業銀行ですが、楽天銀行以外の銀行口座に振込をする場合は相応の手数料がかかります。楽天銀行の手数料は3万円未満が160円、3万円以上で250円かかります。この手数料は口座名義が自分のものであってもかかります。しかし、本人名義のゆうちょ銀行口座に限り、手数料は一律100円となりとてもお手頃です。ですので、楽天銀行口座をお持ちの方は本人名義のゆうちょ銀行口座も持っておくといろいろ便利だと思います。もちろん、海外の口座へ送金する場合にも手数料はかかります。海外へ送金する場合手数料は750円、海外の銀行を中継した場合1000円かかります。また、日本円を送金する際に円貨送金手数料がかかりこれは3000円です。その他、組み戻し手数料も1件あたり3000円かかり、照会手数料も1件あたり3000円かかります。海外送金についてもっと詳しく知りたい方やカードローン審査で自営業の方は楽天銀行のホームページをチェックされると良いと思います。
2013/12/18 18:35:18 |
オリックス銀行カードローンというのは、オリックス銀行という銀行が運営をしているカードローンのことです。さすがオリックス銀行だけありまして、利用限度額が他の金融機関と比べても多くなっております。そもそも、オリックス銀行カードローンというのは、比較的収入の多い人をターゲットにしている傾向にあります。つまり、優良顧客を多く抱えているのが、オリックス銀行カードローンということになります。優良顧客を多く抱えているということは、貸し倒れの心配も少ないということになります。貸し倒れが少ないということは、確実に利息による収入が得られるということ。確実に収入があるということは、金利を多少低くしても大丈夫ということです。もっとも、貸している金額が多ければ、金利が低いとしても利息は相当な金額とはなりますので、それなりの収入となります。